ガジェット ライフスタイル

【楽天モバイル お得な機種追加】GalaxyとAQUOSとOPPOを比較してみる

先日お伝えした記事で楽天モバイルのGalaxy A7がお得という内容をお伝えしましたが、続報でお得な機種が増えましたので紹介します。
まず、前回紹介した記事ではGalaxy A7をオススメしました。

オススメ!
【楽天モバイル レビュー記事】Rakuten UN-LIMIT 開通させてみた

最近ガジェット好きの中で話題になっていた楽天モバイルですが、既にRakuten miniの1円セールは終わってしまいました。
しかし、まだまだお得なセールが残っていますので紹介したいと思います。
今回は実際に回線開通させてみたレビュー記事になります。

続きを見る

この時点では楽天モバイル契約と同時に機種を購入すると最大15000ポイントがもらえるキャンペーンでしたね。
自分もこのときに契約&購入しました。

そして今はさらにキャンペーンが拡大されました。
端末の価格は概ね変化なく、そして最大15000ポイントもらえるキャンペーンも継続中ですが、機種によっては最大20000ポイントもらえる端末が追加されました。

楽天モバイル



今回はGalaxy A7に加え、2機種格安スマホが出てきましたので紹介します。
ここまで読むとGalaxy A7を購入してしまった人は悔しい気持ちになるかもしれませんが、実はそこまで残念な結果ではないので安心して読み進めてみて下さい。

まず、一旦これまでのキャンペーンを振り返っておきましょう。

このブログでも楽天モバイルがお得な理由を記事にしてきました。

オススメ!
【楽天モバイル レビュー記事】Rakuten UN-LIMIT 開通させてみた

最近ガジェット好きの中で話題になっていた楽天モバイルですが、既にRakuten miniの1円セールは終わってしまいました。
しかし、まだまだお得なセールが残っていますので紹介したいと思います。
今回は実際に回線開通させてみたレビュー記事になります。

続きを見る

そして実際に申し込む手順も画面イメージを使って紹介しましたね。

オススメ!
【楽天モバイル 申込手順】Rakuten UN-LIMITを申し込んでみよう

先日レビュー記事を公開しました楽天モバイルの新規申込手順を解説します。
基本的に全てオンラインで申込が完結するので手軽ですが、いくつか注意すべきポイントがあるので画面を使って説明します。

続きを見る

今回Galaxy A7に加えてお得になった機種は「AQUOS sense3 lite」と「OPPO A5 2020」の2機種です。
機種代金以外で契約にかかる費用や貰える楽天ポイントは3機種とも同じですので、今回は機種代金と性能の比較に絞って説明します。

■機種代金の比較(評価の高い部分を黄色の網掛けにしてあります)

Galaxy A7 AQUOS sense3 lite OPPO A5 2020
一括払い 17,000円 23,619円 20,019円
ポイントバック 15,000円分 20,000円分
実質購入額 2,000円 3,619円 19円

20000ポイントバックのキャンペーンが出たので、実質ほぼ0円で購入できるスマホはこの3機種になります。
なお、ほぼ0円になる理由は最初に紹介した記事に詳しく書いています。

どうでしょうか、3機種を比べると「OPPO A5 2020」が圧倒的に安いですね。
実際はこの実質金額から、Web申し込み分の3000ポイントバックがあるのでどの機種も0円に近いですが、金額面を最優先したい人は「OPPO A5 2020」という選択になるでしょう。

ただ、各機種の価格差は2~3000円ですので、この金額を誤差と考えて金額面より性能面で選びたい場合は各機種の特徴を比較すると良いでしょう。

■機種性能の比較(評価の高い部分を黄色の網掛けにしてあります)

Galaxy A7 AQUOS sense3 lite OPPO A5 2020
サイズ 約159.8 x 約76.8 x 約7.5 (mm) 約147 x 約70 x 約8.9 (mm) 約163.6 x 約75.6 x 約9.1 (mm)
重量 約168g 約166g 約195g
ディスプレイ 約6.0インチ / AMOLED
FHD+ / 2,220 × 1,080
約5.5インチ / TFT
FHD+ / 2,160 × 1,080
約6.5インチ / TFT
HD+ / 1,600 × 720
CPU Exynos 7885
オクタコア 2.2GHz + 1.6GHz
Snapdragon 630
オクタコア 2.2GHz + 1.8GHz
Snapdragon 665
オクタコア 2.0GHz + 1.8GHz
OS Android 9 Pie
内蔵メモリ(RAM / ROM) 4GB (RAM) / 64GB (ROM)
メインカメラ 約2,400万画素 (広角) +
約800万画素 (超広角)
約1,200万画素 約1,200万画素 +
約800万画素 (超広角)
バッテリー容量 約3,400mAh 約4,000mAh 約5,000mAh
おサイフケータイ / NFC 非対応 / 対応 対応 / 対応 非対応 / 対応
防水 / 防塵 非対応 対応 (IPX5 / IPX8 / IP6X) 非対応 / 対応 (IP5X)

正直、CPUの性能差はほとんどないため、液晶画面とカメラ性能、おサイフケータイ、防水機能、バッテリ容量あたりのスペックで何を重視するかの判断になるでしょう。

個人的にはGalaxy A7のみ有機ELで画面がかなり綺麗なのと、カメラ性能が高い点そして厚みが一番薄い点でベストな選択かと思います。

ただ、将来的にメインスマホに昇格させたい等でおサイフケータイ防水機能などを重視する場合はAQUOS sense3 liteも選択肢に入ってくるかもしれません。

というわけで、まとめです。
価格重視なら最安のOPPO A5 2020、実質19円
おサイフケータイと防水が欲しいならAQUOS sense3 lite、実質3619円
画面が綺麗(有機EL)で、高性能カメラ、薄型のスマホならGalaxy A7、実質2000円
ということになります。

比べて見ると、やはり価格と性能のバランスではGalaxy A7に軍配が上がるかな・・・というのが自分の感想です。
スマホはいろいろな使い方がありますので、自分のライフスタイルに合った機種を選びたいですね!

まだまだお得な楽天モバイル、キャンペーンが終わらないうちにぜひゲットしましょう!

楽天モバイル



-ガジェット, ライフスタイル

© 2020 Lucky Clover