ファイナンシャル ファイナンススキル

【マイナポイント お得追加情報】d払いで2,500ポイント加算

先日、マイナポイントのお得な情報をお伝えしましたが、各社後出しじゃんけんの如く新キャンペーンが追加されています。
このブログでは新情報が入りましたら随時紹介したいと思います。

まず、マイナポイント事業とは何ぞや?という方は先日の記事を読んでみて下さい。

オススメ!
【最大5000円相当のポイント獲得】マイナポイントの手続きはお早めに

今月から登録が始まりましたマイナポイント制度ですが、事前予約やキャッシュレス決済への紐付けは済んでいますか?
既に様々なキャッシュレス業者からお得なキャンペーンも発表になっていますので、自分の場合はどの業者を選択するかを考えてみたいと思います。

続きを見る

端的に言うと、総務省が9月から開始するマイナンバーカードとキャッシュレス決済の促進キャンペーンです。
もっとストレートに言うと、マイナンバーカードを作成して特定のキャッシュレスサービスを利用した人だけに、国から最大5,000円分のポイントをあげますよ、というものです。

まぁ、当然私達の税金が原資になっているので、一種の給付金と考えてしっかり貰いましょう!
特に家族がいる人なら、家族それぞれにマイナンバーカードを持ちますので、5,000円×家族分のポイントとなり、4人家族なら5,000円×4で20,000円分のポイントですからバカにできないですよね。

ポイントを申請する手順などは前回の記事を見て頂くとして、このマイナポイント事業は基本的に総務省から最大5,000円分のポイントが上限(一名あたり)となっているため、あまり深く考えず自分が良く使うキャッシュレスサービスと紐付ければ良い仕組みです。
しかし、総務省から貰えるポイントはどのキャッシュレスサービスでも同じなのですが、実は各社独自のキャンペーンを行っています。

例えば、一番使い勝手が良いと思われる電子マネーSuicaの場合はこんな感じです。

最大6,000ポイントがもらえるキャンペーン JR東日本の共通ポイントサイト - JRE POINT

Suicaの場合はチャージ20,000円に対して、総務省からのマイナポイント5,000円分に加えてJR東日本から1,000円分のポイントが付いて、合計で最大6,000円分のポイントが貰えます。
これでも十分お得ですよね、Suicaをメインで使っている人ならマイナポイントをSuicaで貰うのもいいですね。

そしてさらにお得なのが先日の記事で紹介したWAONです。

<マイナポイント事業>マイナポイント/WAON特典

WAONの場合はチャージ20,000円に対して、総務省からのマイナポイント5,000円分に加えてイオンから2,000円分のポイントが付いて、合計で最大7,000円分のポイントが貰えます。

自分は割とイオンを利用するのと、ビックカメラでもWAONが使えるので今回はWAONで申し込みしました。

先日の記事ではWAONが一番お得だと思っていたのですが、案の定さらにお得な還元キャンペーンが出てきましたので紹介します。

今話題のマイナポイントとは? マイナポイントの申込みに「d払い」または「dカード」を選択してdポイントをもらおう

そうです、ドコモのd払いです。
こちらはチャージ20,000円に対して、総務省からのマイナポイント5,000円分に加えてドコモから2,500円分のポイントが付いて、合計で最大7,500円分のポイントが貰えます。

20,000円チャージで7,500円分はかなりお得ですね、まさにお得中毒です!
dポイントも使えるお店が増えてきましたので、期間・用途限定ポイントでもお得ですよね。

というわけで、今回はマイナポイントのお得な情報を紹介しました。
マイナポイント事業は総務省の施策のため、還元される予算に上限があり上限に達すると終了すると言われていますので、早めに申し込みした方が良いと思います。

-ファイナンシャル, ファイナンススキル

© 2020 Lucky Clover