ライフスタイル

9ヶ月で約9キロ減のダイエットに成功したことを書いてみる

スポンサーリンク

人間ドックの結果を見るたびに体重を減らさなければ・・・と思っていた自分が、割とすんなり減量に成功したのでその体験談を書いてみたいと思います。
ちなみに変なサプリの紹介や画期的なダイエット法ではありませんので悪しからず(笑)
内容としてはごく当たり前かもしれませんが、実際の体験談としてどなたかの参考になればと思います。

1.自分の体重の推移について
2.愚直に継続した3つのこと
3.痩せて思ったこと、これからの目標

1.自分の体重の推移について

まずは自分の体型について書いてみます。
身長は177cmで去年秋頃の体重は89.5kgでした。
そして現在の体重は80kgなので、9ヶ月で約9kmのダイエットに成功したことになりますね。

言葉で書いてもあまり信憑性がないと思いますので、スマホで使用しているツールのスクリーンショットも掲載しておきますね。

体脂肪率は25.9%から22.3%になりました。

BMI値は28.6から25.5になりました。

標準体重まではもう少しですが、自分でもここまで順調に体重を落とせるとは思わなかったので少し驚いていますが、せっかくなので実行したことをまとめておきたいと思って書いています。

2.愚直に継続した3つのこと

じゃあ、そのために何をしたのか・・・ここが一番気になるところだと思いますが、全て単純なことばかりなので特別なダイエット法を期待した人はがっかりするかもしれません。
でも、基本的なことが一番大事だったりするので、僕のやり方をアレンジして自分に合った方法が見つかればうれしいです。

①定期的な運動
言われなくてもわかってるわ!と言われそうですが、怒らずに聞いてほしいと思います。
僕は中学時代に卓球部で、時々「久しぶりに卓球やりたいなー」と思っていたのですが卓球は相手がいないとできないスポーツなのでなかなか実現できませんでした。
そんな中、近くに卓球マシンのある練習場がオープンしたので、思い切って会員になりました。
毎月の会費は必要ですが、逆に会費を払っているので利用しなければ!と思って週2回のペースで通っています。
1回の練習時間は1時間ほどですが、それでもしっかり汗をかく運動量なのでダイエットの効果はあると思います。

②食事を減らす&空腹時間を作る
これも当然すぎることなので今さらですが、一つの参考例として聞いてもらえればと思います。
僕は朝食はしっかり取りたいタイプなので、朝食と昼食はこれまで通りにしつつ夕食を減らしました
具体的には、朝食と昼食は普通に主食(炭水化物)も取りますが夕食は野菜とサラダチキンや豆腐などのタンパク質の軽いものにしています。
また、もう少し夕食を食べたい場合はこれらに加えて無塩のミックスナッツを片手ほどの量を食べることもあります。

そして、これはどの程度ダイエットに効果があるか未知数ですが、夕飯はほぼ18時までに済ませ、それ以降は次の日の朝食まで水やお茶などの水分以外は口にしない生活を続けています。
ちなみに朝食は朝6時くらいなので、約12時間の空腹時間を作るようにしています。

そもそもは中田敦彦氏のYoutube動画を見て「18時間の空腹時間を作る」ことにチャレンジしようと思ったのですが、サラリーマンの自分の生活では12時間が限度だったため、それでもやらないよりはマシだろうと思って始めてみました。


③毎日体重計に乗る
結局、実践しているのはこれまでテレビや書籍等で当たり前に紹介されていることしかなくて恐縮ですが、体重の記録をつけることはやはりモチベーション維持には大切だと思います。
そして、何よりそれを習慣化することが大事です。

実は今回のダイエットをする前にもドンキで買った格安の体重計は持っていました。
しかし、買った後3日くらいは体重計に乗るものの、その後は全く使わなくなりました。
理由は体重計に乗ってもあまり面白くないんですよね(笑)
毎日乗ってもたいして変化はないですし正直飽きてしまうのと、それをノートなどに記録するのもめんどくさいですよね。

そこで物は試しと、Bluetoothでスマホに接続できる体重計を買ってみました。
また飽きるかと思って安価なものを買ったのですが、これが毎日体重計に乗るという習慣となり今も続いています。
スマホに自動的に記録されるのでとっても楽チンですし、体重だけでなく体脂肪率やBMI値などの数値も計測して記録してくれるので、数値にあまり変化がなくても何となく面白く感じて続けられるのもポイントです。

ちなみに僕が購入した体重計はこの製品です。

タニタなどの日本製もあるのですがなかなか高価なので、とりあえずamazonで買える安価な製品にしてみました。
スマホの専用アプリとペアリングして体重や体脂肪率を自動で記録するのですが、その結果がiPhoneのヘルスケアにも同期するためとても使いやすいです。

3.痩せて思ったこと、これからの目標

ダイエットして思ったのは続ける大切さと、少しずつ結果が出始めると面白くなってモチベーション維持に繋がることです。
これはダイエットだけでなく貯金でも感じたことです。
最初のうちの変化(体重がちょっぴり減る、貯金額がちょっぴり増える)はあまり面白くないのですが続けていくうちにだんだん面白く感じてくるのです。
習慣化って地味ですが効果が高いことがわかりました。

そして人間の欲というのは、理論的な思考があれば頭でコントロールできることも体感できました。
コツコツ貯金したり投資したりしていると、物欲に対しても客観的に判断できるようになり不要なものを買うことが減りました。
ダイエットも同じで、体重を記録したり食事を工夫していると不思議と食べるものに気をつけるようになったり、食欲にまかせて好きなものを求める気持ちも減っていきました。

やはり人間は脳で生きる動物なんだなー、と思わされました。
禁煙などもそうですが、本や情報などから理論武装して自分の欲を脳で抑制できればモチベーション維持や継続につながり、結果的に目標を実現する可能性は高まると思います。

自分の体型を維持することはやはり健康面で大切ですよね。
僕はこれからの自分の生き方を考えたときに「時間」「お金」「健康」という3本柱のバランスが大事だと感じています。
今回ダイエットしてみようと思ったのも、健康でなければ幸せな生活を送れないという考えからでした。

ダイエットは痩せて終わりではなくて、この体重を維持しながら健康的な生活を送るのが目的なのでリバウンドしないように日々過ごして行きたいと思います。
なお、これからの目標はBMI値が標準値に入る78kgを目指して行きたいと思います。
最近は体重が減るペースも落ちてきましたが、無理をせずモチベーションと健康を維持して生活して行こうと思っています。
次の人間ドックまでにはBMIを標準にしたいですね!

スポンサーリンク

-ライフスタイル

© 2021 Lucky Clover