ライフスタイル

ジブリが提供するフリー素材の衝撃

今月からあのスタジオジブリが映画の場面写真を提供し始めました。
え?あのジブリがこれまでの作品のカットをフリー素材に?一瞬耳を疑うようなニュースです。

百聞は一見にしかず、ということで実際のスタジオジブリのサイトを見て頂いた方がわかりやすいと思います。

今月から、スタジオジブリ作品の場面写真の提供を開始します - スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI

サイトのトップにはスタジオジブリ鈴木敏夫さん直筆のコメントで「常識の範囲でご自由にお使い下さい。」というメッセージが掲載されています。

つまり、ごく一般的な用途であればWebサイトやSNSで使用しても良いと解釈できます。
商用については触れられていませんが、その世界観を壊さない範囲でファンが見てもイヤな気持ちにならないような用途であれば許されそうな雰囲気です。

例えば、この画像を使って商品を作って販売するとか、見る人が不快になるようなコラージュや改変などはファンが悲しむと思いますので意に反しているのではないでしょうか。

ちなみに現在公開されている作品は以下の8作品です。

・「思い出のマーニー」
・「かぐや姫の物語」
・「風立ちぬ」
・「コクリコ坂から」
・「借りぐらしのアリエッティ」
・「崖の上のポニョ」
・「ゲド戦記」
・「千と千尋の神隠し」

それぞれ各50枚の画像が公開されており、合計で400枚の画像となります。
めっちゃ太っ腹ですよねー。

自分は劇場で見たときの印象が残っていて、この中では「千と千尋の神隠し」が一番好きですね。
「崖の上のポニョ」のかわいらしい世界観も捨てがたいですけどね!

それにしても、この場面写真の提供はこれからも続くとのことでジブリの代表作はまだまだ残っているのでとても楽しみですね!
トトロやナウシカなどがフリー素材として使えるようになるというのは、ブログやサイトを運営している人のみならず子供達にとっても嬉しいことだと思います。

今後の公開も楽しみですね!

※なお、言葉の表現上わかりやすく「フリー素材」と書いていますが、当然ながら著作権もスタジオジブリにありますし、常識の範囲内での使用という前提がありますので誤解のないようお願いします。

-ライフスタイル

© 2020 Lucky Clover